新元号が決まり、「令和」の名前が入った商品が次々と出てきているようです。
30年前、時代が平成になった時も同じような状態だったのかもしれません。

確かに企業や町名、地名などを見てみると、今までの元号が使われているものがけっこうあります。
そのため、いつ頃その名前が付けられたのかも何となく想像することができます。

新元号が発表される前は、どんな文字が使われるのか、いろいろと予想したりしました。
私が思ったのはあいうえお順で最後の方で、マ行や、や行、またはラ行、ワ行などではないかと何となく思っていました。

それは当たっていましたが、2文字目に和が来るのは想像していませんでした。

今回の「令」という文字は今回初めて採用されたようです。

万葉集から引用したということですが、それも日本最古の和歌集で、身分に関係なく、多くの民の歌が詠まれているということで、その点も良かったと思います。

令(れい)という発音ですが、やはり下がる発音なのだと思います。
ローマ字表記ではREIWAのようですが、RよりもLの方が日本のレに発音が近いということも知りました。

かっこいいとか可愛いという感想もあるようで、次第に新しい時代に馴染んでいく名前だと思います。

今後、地名にも「令和」が付けられていくのでしょう。